骨髄移植拠点のコーナー

造血幹細胞移植医療体制整備事業
沖縄ブロック拠点病院に選ばれました!!

森島 聡子

「造血幹細胞移植医療体制整備事業」 実施責任者
内分泌代謝・血液・膠原病内科学講座(第二内科)
准教授 森島 聡子

厚生労働省は全国どの地域においても質の高い移植医療提供体制を構築することを目的に、造血幹細胞移植医療体制整備事業を実施しています。このたび、琉球大学病院は令和2年度より全国で12のブロック拠点病院のひとつ、沖縄ブロック拠点病院として選定されました。

造血幹細胞移植は難治性の血液がんや造血不全の治癒を目指して行われる強力な治療法です。近年の移植技術や支持療法の進歩によって移植を受ける患者さんは年々増加しています。特に沖縄県に多発する成人T細胞白血病リンパ腫(ATL)においては、治癒が期待できる唯一の治療法は同種造血幹細胞移植と考えられており、当院でも多くの患者さんが移植を受けています。

移植を成功させるためには移植施設において質の高い移植医療が実施できることのみならず、タイミングを逃さず適切な時期に移植を行い、さらに移植を受けた後も長期的にフォローするため移植病院と地域病院との綿密な連携が必須です。

本事業において、移植医療を担う人材育成は最重要課題のひとつです。私たちは、造血細胞移植専門医、造血細胞移植コーディネーター(HCTC)、長期フォローアップ外来(LTFU)担当看護師などの人材育成に取り組み、沖縄県の造血細胞移植成績の向上と患者さんの移植後の生活の質の向上を目指します。

また、沖縄県の日本骨髄バンクのドナー登録数は、人口1000人比で37.25人と全国平均の8.87人を大きく上回っており、都道府県で最多となっています。沖縄県内の骨髄バンクドナーのコーディネート期間を短縮し、県内で骨髄・末梢血幹細胞採取を全て実施することを目指した体制作りに取り組みます。

皆様のご協力とご支援をよろしくお願い申し上げます。

第二内科特命助教の就任にあたって

北村 紗希子

内分泌代謝・血液・膠原病内科学講座(第二内科)
特命助教 北村 紗希子

琉球大学病院が造血幹細胞移植推進拠点病院に選定されました!
これによって造血幹細胞移植を必要としている沖縄県全域の患者さんに対して、適切な時期に適切な種類の移植をスムーズに提供できる画期的診療体制が実現します。

移植医療の目覚ましい進歩により、血液悪性疾患を持つ患者さんの長期生存が充分に期待できる素晴らしい時代になりました。一方、移植後の合併症治療で求められる高度な専門性から、医療スタッフの間には「移植後の患者さんは病態が複雑で診療が難しい」というイメージが根強く残っています。現在の沖縄県で造血幹細胞移植を実施している病院は琉球大学病院を含め、僅か2病院だけです。幹細胞移植後も数年にわたり本島北部地域や離島からの通院を余儀なくされる実態があります。

私は幹細胞移植医療に携わる『若手医師人材育成事業』の一環として、第二内科の特命助教に就任し、教官ポジションとして活動するチャンスを与えて戴きました。幹細胞移植を受ける患者さんの精神的負担を少しでも和らげ、沖縄県の幹細胞移植医療の質の向上に貢献できるよう、全力で多くのことを学び、精一杯、頑張りたい!と決意を新たにしています。血液内科医になると決めた頃から、「白血病は不治の病だ」という社会に蔓延する負のイメージを大きく変えたい!と願ってきました。医療に対する消極性や逃避を生み、完治や社会復帰に対する希望が失われてしまうことに大きな危惧を感じていました。幹細胞移植を受けた 患者さんが改善・快癒して日常生活に戻り、安心して暮らせる医療環境を作り出すことは極めて重要なことです。生まれた場所や住んでいる場所にかかわらず、等しく、質の高い適切な医療を受け、幹細胞移植後のフォローアップをきちんと受けられるシステムの構築、そして、造血幹細胞移植医療に携わる医療スタッフを持続的に育成できる体制作りに携われることは、まさしく『医師冥利に尽きる』ことであり、とても光栄で幸せなことです。昨年、血液内科専門医を取得したばかりで『最年少 助教』という駆け出しの身ではありますが、沖縄県における造血幹 細胞移植医療のさらなら発展に貢献できるよう、輝き続けてまいります。御指導、御協力のほど、どうぞ宜しく御願い致します。

造血細胞移植コーディネーター(HCTC)を担うにあたって

平良 真紀

看護部
外来看護師(HCTC専従) 平良 真紀子

私は小児科外来で移植後の長期フォローアップ(LTFU)外来に携わっている中で、HCTCとしての活動をしてほしいと声をかけていただきました。それまでHCTCという職業を聞いた事がなく戸惑った事を覚えています。

約1年前にHCTC認定講習 I の研修を受講して小児科のHCTCとして活動を開始しましたが、小児科外来で看護業務をこなしながらの活動で、前任者もいないため、「今私がやっている事は合っているのだろうか?これでHCTCとしての活動と言えるのだろうか?」と常に自問自答しながらの活動でした。

外来業務の間に患者さんと親御さんへ移植に関する説明や相談を行い、移植後は毎日の検査結果に一喜一憂しながら親御さんと生着を心待ちにしていました。大変な時期を乗り越えて退院された患者さんと外来でお会いする事ができた時にはとても嬉しく思いました。この様な経験を踏まえて、7月からHCTCとして専任で活動させて頂ける事になりました。実際に活動を始めてみると、骨髄バンクとの沢山の書類やFAXのやり取りにも驚きながら、一から学ばせて頂いています。

造血幹細胞移植医療は移植が実施されるまでには、患者・家族を中心に多くの院内ならびに院外関係者(骨髄バンク・臍帯血バンク等)の協力があって成り立つチーム医療です。HCTCとして医師や看護師のみならず関わるスタッフ全員と連携をとりながら移植がスムーズに進む様にコーディネートに携わっていきたいと考えています。移植を控え不安な患者さんの心に寄り添う事を第一に、誰からも信頼される窓口として日々努力を重ねたいと思っております。


比嘉 今日子

看護部
外来 副看護師長 比嘉 今日子

今回、造血細胞移植コーディネーター(HCTC)の役割を担うことになりました。
HCTCは造血幹細胞移植がおこなわれる過程の中で、ドナーの善意を生かしつつ、移植医療関係者や関連機関との円滑な調整を行うとともに、患者・ドナー及びそれぞれの家族の支援をおこない、倫理性の担保、リスクマネージメントにも貢献する専門職です。移植治療を必要とされる患者さんとそのご家族、ドナーさんとそのご家族にとって、気軽に相談できる窓口となり、移植にかかわる関係機関との調整も行います。

私はこれまで、造血細胞移植後の長期フォローアップ(LTFU)外来担当看護師として移植後患者さんやそのご家族への支援を中心に行ってきましたが、HCTCの役割も担うことで、より移植治療の全体にかかわることになりました。

当院では、移植担当医師が外来や病棟での診療を行いながら、移植の調整役も担っていました。HCTCとして関わることで、医師の役割軽減につながり、よりスムーズに移植に関する調整や連携ができるのではないか、と考えたのがHCTCを引き受けるきっかけのひとつです。

琉球大学病院が造血幹細胞移植推進拠点病院に選定されたこともあり、HCTCの役割もより大きなものになるのではと、責任の大きさを日々感じています。造血幹細胞移植に臨む患者さんやそのご家族の支えとなるよう、善意で幹細胞を提供してくださるドナーさんの気持ちを最大限生かせるよう、移植チームのメンバーとともに関わっていきたいと考えています。


山内 欣也

第二内科
HCTC研修員 山内 欣也

私はこれまでは沖縄県骨髄バンクを支援する会で活動してきましたが、このたび造血細胞移植コーディネーター(HCTC)の研修員として琉球大学病院で勤めることになりました。

造血幹細胞移植は医師、看護師、臨床工学士、臨床心理士、リハビリ、HCTCなど他にも多くの職種の方が『一つのチーム』として関わる医療です。私たちHCTCはドナーの権利を擁護し、患者や家族に寄り添い、移植前から移植後まで一貫して中立的な立場でコーディネートを進めていくように努めています。またコーディネート期間の短縮のために、医師や看護師をはじめ多職種の協働作業が円滑に行われるように院内業務を支援することも求められています。

個人的にはまだ研修期間が短いので、医師や看護師、医局の方に助けられてばかりなのですが、日々多くの実務経験を積み、認定HCTCの資格取得を目指したいと考えています。 沖縄県の造血幹細胞移植医療に貢献し、広く信頼されるHCTCとなるように懸命に職務に努めてまいりますので、よろしくお願いいたします。