学術コーナー

アグリバイオ 特集 食と腸内環境(γ-オリザノールの多彩な作用と腸内環境へのインパクト)
ジャスミンさんは琉球大学第二内科博士課程留学中に 日本肥満学会、アジア・オセアニア肥満学会、米山ロータリークラブ、そして今回の黒潮カンファレンスと、沖縄に来てからの僅か3年間の間に4件の受賞を手にしました。今回の受賞対象となった医学論文は欧州栄養学会誌(European Journal of Nutrition, IF=4.6点)に掲載され、来年、めでたく医学博士の学位を授与される見込みです。
琉球大学 第二内科 社会人大学院 博士課程 の 外間 登 先生の論文が国際医学雑誌Hematological Oncology 誌 (IF=3.439点) に掲載されました(37:527-530, 2019). 帝人ファーマ研究所・琉球大学 医学部附属病院 薬剤部、福島県立医科大学 糖尿病・内分泌代謝内科学講座との共同研究の成果です。
「日本生物工学会 生物工学会誌」2019年 97-10号特集に琉球大学第二内科、福島県立医科大学糖尿病内分泌代謝内科学講座との共同執筆論文(606頁から609頁)が掲載されました
日本生物工学会ホームページはこちら
2019年10月1日発行『循環ジャーナル』(第67巻第4号)に、福島県立医科大学 島袋充生教授 と 当講座 益崎裕章教授 の共著記事が掲載されています。(PDFは掲載許可依頼中)
国際医学雑誌 European Journal of Nutrition (インパクト ファクター 4.6点 ) 掲載論文
オーストラリア メルボルンから留学中の 博士課程大学院生、ジャスミン・F・ミルマンさんの論文が 創刊60年の歴史を刻む国際医学雑誌 European Journal of Nutrition (インパクト ファクター 4.6点 )に掲載されました。オリーブオイルやフラクシードオイルが腸内フローラ改善や腸管免疫機能を高める新しい分子メカニズムの一端を解明しました。
日本糖尿病学会 糖尿病診療ガイドライン2019
第14章 肥満を伴う糖尿病 (メタボリックシンドロームを含む)を 益崎教授 が 担当、執筆しました。大規模臨床トライアルの最新成果を踏まえ、診断・治療・療養指導の最前線を紹介しています。