琉球大学医学部 第二内科

インフォメーション

2010年度 新入生 指導教員 挨拶

第二内科(内分泌代謝・血液・膠原病内科) 教授 益崎 裕章

昨年(2009年)10月から 第二内科(内分泌代謝・血液・膠原病内科)を担当しております 益崎(ますざき)です。
新入生 の皆さん、琉球大学 医学部 御入学、誠に おめでとうございます!
生涯にわたって 多くの人々に喜ばれ、多くの人々に感謝される 医師という職業 は
皆さんの人生を賭けるに値する 働き甲斐に満ちた 素晴らしい御仕事です。
誇りと自信にあふれ、楽しそうに、幸せそうに、活き活きと輝き続ける 素敵な御医者様 になってください。
“プロフェッショナル”として 医師を志した最初の新鮮な気持ちを いつまでも大切になさってください。
皆さんが今、心に描いている たくさんの夢やヴィジョンが 爽やかに実現しますように。そして、健康と安全に恵まれた幸せな6年間の医学部生活となりますように。心から御祈りしております。
皆さんの指導教員を担当させて戴くに当たり、幸せな医学部生活を送るための“ひとくちアドバイス”を贈り、御挨拶に替えたい と思います。
これを実行できれば 皆さんの6年間は 大きな実りと学びをもたらします!
自分の未来は自分で設計できる のです。
指導教員として、皆さんと仲良くなれることを楽しみにしています。

〜 幸せな医学部生活 を送るヒント 〜

@

ひとの話を よく聴く。7:3の割合で ”聴き役” に回る。

A

ひとの話は 専用のノート(手帳)にメモを取りながら聴く。そして、そのノートを大切に保管し、時々、
読み返すこと。

B

一日の始まり(あるいは前夜) に その日一日の段取りを考える習慣をつける。

C

今、目の前に居るひとを大切にする。一回、一回に心をこめる。今のこの瞬間(present)は
贈り物(present )です !

D

ちいさなことの 地道な積み重ね の果てにしか 大きなことは 達成できない。

E

普段 にベストを尽くす。工夫は 平生 にあり!

F

常に 相手の立場に立って行動する。相手(患者さん、医療スタッフ)は あなたにどうしてほしいのだろうか ?
相手のニーズや情況 を想像できるひと になる。

G

幸せそうに、楽しそうに 歩んでいく。御医者様が 疲れている、やつれている、不機嫌でイライラしている …..
ようでは プロとは言えない !

H

常に 愛のある言葉 を使い、愛のある行動 をする。愛の反対語 は 無関心 です。 使う自分が 爽やかになり、聴いている周りのひとも爽やかになる言葉を使う。 日常に使う言葉を変えることで 世界が変わります。

I

幸せは 遠いどこか にあるのではなく自分の足元 に感じるもの。その感性が大切。

 

第2内科・9階西病棟・外来 合同歓送迎会(2010/3/22)のご案内。

うららかな春の日差しが心地よいこのごろ、皆様にはお変わりなくお過ごしでしょうか。

新しい年度が近付いてきていますが、私たちの講座・病棟・外来でも移動される方々がいらっしゃいます。ささやかではございますが、新たに私たちの仲間に加わる皆様を歓迎し、転出される方々へのねぎらいと門出をお祝いする会を予定しております。期日が迫っており大変恐縮ですが、医局・同門、その他関係者の皆様に参加していただきたく、ご案内申し上げます。

なお、人数の確認がございますので参加を予定される方は医局宛にメール、電話あるいはファックスでご連絡いただければ幸いです。(3/18頃までにお願い致します。)

【日時】
平成22年3月22日(春分の日の代休です) 午後6時開始予定

【場所】
ザ・ナハテラス

【会費】
医師 10,000円
コ・メディカル 3,000円

 

医局・同門の皆様へのお願い

以下のような場合は医局またはHP編集委員会までご連絡下さい。

・論文の掲載。
・学会などでの招待講演。
・学術賞の受賞。
・国際学会での発表。
・科研費などの研究費の獲得。
・新聞・雑誌などメディアの取材を受けた場合。
・依頼原稿の執筆(新聞のコラムなども)。

医学・医療以外の話題(趣味に関することなど)でも結構です。
担当者で全てのメディアをもれなく把握することは困難です。
自己申告あるいは気付かれた方が担当に声をかけていただければ幸いです。
過去にさかのぼると作業が大変なので、申し訳ありませんが2010年以降のものとさせて下さい。
宜しくお願い致します。

HP編集委員会より

P.S.
依頼原稿の場合は版権の問題で記事をそのまま掲載するのは難しい場合があります。 この場合、雑誌のウェブサイトへリンクを張って記事をご紹介するのみとなります。 (医局または執筆者に連絡いただければ別刷をご提供できる場合があります。)
オフィシャルな話題はHPで、カジュアルなものはブログで紹介しようと思っています。

 

平成22年度科研費交付内定額

益崎裕章

基盤B(育成医学)
周産期・乳幼児期の体脂肪発育と生活習慣病及び動脈硬化性心疾患発症に関する研究(分担)
研究代表者:太田孝夫(琉球大学)
H22年度分研究経費:\7,400,000
H22年度分分担:\300,000

島袋充生

厚労科研(循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業)
特定健診・保健指導におけるメタボリックシンドロームの診断・管理のエビデンス創出に関する
横断・縦断研究(分担)
研究代表者:門脇 孝(東京大学)
H22年度分総事業費:\22,000,000
H22年度分分担:\1,200,000

厚労科研(循環器疾患等生活習慣病対策総合研究事業)
特定健診・保健指導におけるメタボリックシンドロームの診断・管理のエビデンス創出に関する
横断・縦断研究(分担)
水嶋 春朔(横浜市立大学)
H22年度分総事業費:\18,000,000
H22年度分分担:\4,200,000

基盤B(育成医学)
周産期・乳幼児期の体脂肪発育と生活習慣病及び動脈硬化性心疾患発症に関する研究(分担)
研究代表者:太田孝夫(琉球大学)
H22年度分研究経費:\7,400,000
H22年度分分担:\200,000

基盤C(公衆衛生学・健康科学)
内臓脂肪由来活性酸素種による血管障害の分子メカニズム
H22年度分:\1,170,000

比嘉聡

基盤C(循環器内科学)
心房細動基質同定法と与論島遺伝的心房細動家系疫学調査に関する研究
H22年度分:\910,000

山川研

基盤C(応用薬理学)
血管内皮細胞を指標とした抗動脈硬化薬の薬効評価システムの開発
H22年度分:\1,560,000

屋比久浩市

基盤C(内分泌学)
若齢期の人工甘味料曝露によるレプチン抵抗性獲得機構の解明
分担研究者:益崎裕章(第2内科)、島袋充生(第2内科)、幸喜毅(第2内科)、高山千利(解剖学第二)
H22年度分:\2,080,000

屋比久浩市先生は初の科研費獲得です!!  おめでとうございます!!
皆様の研究のさらなる発展を期待します。

 

Steno Team Training 2010

Steno Team Training 2010 とは今年から始まった 日本糖尿病財団 が助成する 海外研修プログラムです。
このプログラムの特徴は糖尿病のチーム医療に特化した研修を行うもので、応募も医師1人に薬剤師、看護師、栄養士などのコメディカルスタッフ3人を加えた計4人のチーム単位となります。

今回は当科から益崎先生と糸数ちえみ副看護師長、山川房江栄養管理室長および友利由起子看護師の4人のチームで参加申請し、見事に採択されました。

今回の選定は三村悟郎初代教授から続く糖尿病サマーキャンプなどの患者教育活動やチーム医療の伝統に加えて、CGMなどの最近の先駆的な取り組みが評価されたものだと思われます。このような機会に多くのスタッフが参加できるよう、今度とも幅広い取り組みを行っていきましょう。


第2内科・9階西病棟・外来 合同歓送迎会(2010/6/29)のご案内

梅雨明けが待たれる今日このごろですが、皆様におかれましてはお変わりなくお過ごしでしょうか。

さて、永らく第2内科に勤務なさって、教育・研究および診療にご尽力いただいた幸喜毅先生が6月いっぱいで退職なさいます。また、新しく私たちの職場に加わる方、卒業してよそに移られる方々も何人かおられます。

ささやかではございますが、新たに私たちの仲間に加わる皆様を歓迎し、幸喜先生をはじめ転出される方々へのねぎらいと門出をお祝いする会を予定しております。期日が迫っており大変恐縮ですが、医局・同門、その他関係者の皆様に参加していただきたく、ご案内申し上げます。

なお、人数の確認がございますので参加を予定される方は医局宛にメール、電話あるいはファックスでご連絡いただければ幸いに存じます。(6/22頃までにお願い致します。)

【日時】
日時:平成22年6月29日 午後7時

【場所】
ラグナガーデンホテル

【会費】
医師 10,000円
コ・メディカルほか 2,000円



「沖縄県内分泌代謝・血液・膠原病症例研究会」のご案内

【目的】

若手内科総合医の育成(内科医の原点に戻り、症例発表を通して専門以外の内科学の知識を含めた幅広い研修の場を提供する)。

【開催スケジュール】

年4回実施(春3〜5月、夏6〜8月、秋9〜11月、冬12〜2月 )を予定しています。
時間: 19:30〜21:30(DIおよび症例発表)
第11回: 2013年6月27日 案内状

 

第11回目 を迎える 沖縄 内分泌代謝・血液・膠原病 症例研究会の開催に寄せて

琉球大学 大学院 医学研究科
内分泌代謝・血液・膠原病 内科学講座(第二内科)
教授 益崎 裕章

医学・医療を取り巻く新情報は この10年の間に500倍以上に増えた と言われています。日々の忙しい仕事の中にあって いかに 効率良く自分の臨床スキルや臨床知識をブラッシュアップするか? 生涯持続力を持って 輝き続ける 医療人であるためには 勉強のやり方にも様々な工夫が必要な時代です。

この研究会は 私が琉球大学 第二内科に赴任して間もない頃、 金城 一志 先生から 戴いた“ all OKINAWA で 明日の沖縄医療を担う 優れた若手内科医 を育成する勉強会を立ち上げませんか!”という有難い御声掛けから誕生しました。
県立北部病院、県立中部病院、豊見城中央病院、琉大病院などの若手医師から毎回、趣向を凝らした症例発表をして戴き、自由闊達な意見交換をする場となっています。

症例という 生きた教科書 を通して ライブ感覚で 他の病院の仲間が経験した智恵や知見を共有化する。他病院の若い先生からの鋭い質問やコメントを聞いて思わず刺激を受ける。沖縄県の中には自分と同じように頑張っている仲間がたくさん いるんだな ということを知って 元気や勇気を貰う…。この研究会に参加して戴くことで いろいろな触媒効果が生まれることを期待しています。

平日の夜、病棟や外来で御疲れのあと、会に参加して戴くことは とても大変なことです。皆様の積極的な御参加と御支援の御蔭で本会が第11回目 を迎えることが出来たことを 心より嬉しく思い、“継続は力なり”を 実感しています。最後に、メーカー色 をとことん薄め、会の趣旨に120%賛同して下さっている第一三共の皆様に深く感謝申し上げます。

【場所】

北部地区と琉球大学医学部で交互に実施。(その都度、世話人で協議して決定します。)

【発表要領】

症例3題(1題につきプレゼン15分、質疑応答15分、計30分以内 )
ホスト側が1題、ゲスト側が2題用意することとします。
発表形式は指定はありませんが、配布資料がある方が望ましいです。

・当会で発表した症例に関して、次回までにA4用紙1枚でサマリーを提出をお願いします。
・症例は内分泌・代謝、血液、膠原病、腎臓、循環器を中心に想定しています。
・診断に苦慮した例、特異な経過をたどった例、示唆に富む症例などをご提示下さい。
・軽食が用意されます。食事を取りながらのカジュアルな雰囲気での自由闊達なdiscussionを期待します。
・学会発表や論文投稿に向けた討議の場としても本会を活用していただきたいと考えます。
・研修医の先生の積極的な討議への参加・来聴を歓迎します。
・第2内科関連施設からも若手内科研修医の先生方が参加されます。
・人数の確認がございます。参加を希望される先生は医局までご連絡下さい。
(施設ごとに希望人数をとりまとめていただいても結構です。)

【過去の開催】

第1回:2010年6月24日 案内状   ブログ記事

第2回:2010年9月24日 案内状   ブログ記事

第3回:2011128日 案内状   ブログ記事

第4回:2011年5月26日 案内状    ブログ記事

第5回:2011年8月31日 案内状    ブログ記事

第6回:2012年2月17日 案内状    ブログ記事

第7回:2012年6月14日 案内状    ブログ記事

第8回: 案内状

第9回: 案内状

第10回: 案内状

第11回: 案内状

第12回:2013年11月28日(木)

第13回:2014年2月13日(木)

第14回:2014年8月28日(木)

第15回:2014年11月27日(木)

第16回:2015年6月18日(木) 案内状

第17回:2015年8月20日(木) 案内状   ブログ記事

 

 

<症例検討会10回を終えて>

沖縄県立北部病院
現在 中頭病院 腎臓内科
部長 金城 一志 先生

この症例研究会は、平成22年6月24日に第一回がスタートし、早10回を数えます。益崎教授が、琉球大学の第二内科の教授に就任されて、北部地区で講演をされた際に、第二内科が糖尿病、内分泌疾患、膠原病、血液疾患を扱っていることを知り、当院腎臓内科と第二内科で一緒にやれることはないかと考え、私が、研修医、若手医師の一般内科のレベルアップのための症例研究会の立ち上げることを教授に提案したところ、快諾していただき、この研究会がスタートしました。
最初は琉大第二内科と県立北部病院で症例を発表していましたが現在ではその他の病院の発表も加わり、この研究会も充実してきました。私が常日頃思うことは、1.特に内科の患者さんは幾つかの病態が合併していることが多く、それらは密接に関係しているため、全体として正確な病態を把握する能力が必要である。(言い換えればひとつの専門分野からのアプローチだけではいけない)2.教科書の中に真実を求めるのではなく、目の前の患者さんにこそ真実がある(言い換えれば、教科書にも間違いはあり、患者さんから教科書以上のことを学べる)。3.患者を目の前にしたときに力を発揮する医師こそ優秀な臨床医である(言い換えれば、単に知識が豊富な医師は、優秀な臨床医ではない)、この3点です。
以上ことを踏まえ、研修医、若い先生方に申し上げたいことは、ぜひ知識偏重ではなく、臨床的なセンスを磨いてほしい。今はネット社会を反映して情報(知識)を得るのは容易になっており、知識の差は以前ほど医師間でないと思われ、今後は臨床的なセンスが問われる時代になると思われます。この臨床的センスとは患者を診て全体の病態を把握し、無駄なく、迅速に適切な治療を患者に施す能力だと思います。ぜひ、研修医、若い先生方はこの研究会を通して臨床的なセンスを磨いてほしいと思います。
最後に、この研究会がさらなる研修医、若手医師の参加を増やし、沖縄県全体で研修医、若手医師のレベルアップにつながっていくことを祈念いたします。

 

<参加された先生方・学生さんの感想(抜粋)>

参加人数もさることながら、活発な質疑応答もあり予想以上によかったと喜んでおります。若い先生方が気軽に質問できる雰囲気で、今後も継続していきたいと思います。

当院からの参加者は全てとても良い会だったと感動しておりました。本会のように若い先生がたの参加が多く、彼ら中心の会というのはほとんどありません。このようなコンセプトの勉強会を待ち望んでいる先生方も多かったのではないかと思います。ぜひ継続していければと思っております。

私たちが、普段診ている患者さんは、ある程度ふるいにかけられて紹介されてくる患者さんが多く、最初から内分泌疾患を疑って検査することが多いのですが、北部病院の症例は主訴から病態を解明していくというプロセスに刺激を受けました。大学病院ではなかなか経験しないような総合的な視点をもって鑑別していくということの重要性を感じました。

学生にとっても、分かりやすいとても勉強になる症例研究会でした。若い先輩の先生方の質の高い発表をみせていただき、刺激を受けました。自分も、数年後にはこのような難しい症例を他の医者とオープンにディスカッションできるようになりたいと思いました。

興味深く、臨床での症例検討会を体感することができてとても良かったです。先生方の知識の深さに自分がいかに勉強が足りてなかったかを知ることができました。症例の説明も論理的で理解しやすく試験の勉強を行うときや国家試験での臨床問題を考えていく上で参考になりました。

前立腺癌からの異所性ACTH産生腫瘍の発生や、IgG4関連疾患など、初めて聞く疾患でとても勉強になりました。ひとつの症例を考察することで、新たな疾患に気付く可能性があることを学びました。

World Congress of Cardiology Scientific Sessions 2010

1. Symposium Title: Pathophysiology of atrial fibrillation
Presentation Title: Atrial substrate properties in atrial fibrillation.

2. Symposium Title: Pathophysiology of atrial fibrillation
Presentation Title: Electrogram-based approach.

3. Symposium Title: Evidenced-based catheter ablation for atrial fibrillation: trigger or substrate, or both.
Presentation Title: Evidences supporting elimination of complex fractionated electrograms strategy for catheter ablation for atrial fibrillation: trigger or substrate, as the targets.

第2内科・9階西病棟・外来 合同忘年会(2010/12/22)のご案内。

向寒の候、皆様におかれましてはますますご清栄のことと心よりお慶び申し上げます。

さて、今年も恒例の忘年会シーズンがやってまいりました。今年は例年以上に余興や表彰などの嗜好を凝らしたにぎやかな会にする予定でございます。医局員と病棟および外来のスタッフの皆様、同門の先生方との親睦を深める目的も兼ねておりますので、ぜひとも万障お繰り合わせの上、ご参加下さいますようお願い申し上げます。

【日時】
平成22年12月22日 午後7時30分 同門会    午後7時45分 忘年会 ( 開始時間が変更になりました! )

【場所】
ロワジールホテル 那覇

昨年同様 キッズルーム および キッズ用メニュー もあります!!
お子様連れでのご参加も歓迎します!!
(後日参加人数の確認をしますのでご協力下さい。)

【会費】
医師 10,000円
コ・メディカルほか 2,000円

第2内科に興味のある学生さんの参加も大歓迎です! 
人数の確認がありますので参加を希望される方は事前に医局までご連絡下さい。
学生さんは 無料です!!

 

 

琉球大学 医学部 第二内科 同門会 の新しい会長に 田仲 秀明 先生 が 就任 されました!

このたび 琉球大学 医学部 第二内科 同門会 の会長 が 具志堅 政道 先生から 田仲 秀明 先生 に交代されました。

田仲 秀明 先生 は 琉球大学 医学部 一期生の御卒業(昭和62年 卒)で 英国への御留学、県立病院や豊見城中央病院で要職をおつとめになったあと、2005年から豊見城市の 田仲医院 院長として 沖縄県 糖尿病診療のリーダーの御一人として全国レベルで 御活躍中 の 新進気鋭 の先生です。

前 会長 の具志堅 政道 先生に おかれましては 長きに わたり、琉球大学 第二内科 同門会 の発展に御尽力 戴きまして心より有難うございました。
一同、深い 感謝 をこめて 厚く 御礼 申し上げます。

来る12月22日の 琉球大学 第二内科・9回西病棟・琉球大学 第二内科 同門会 合同 忘年会 が 皆様に 対する 田仲 新 同門会長の 最初の 御披露目の機会と なります。

53歳 の若き 新 同門会長、田仲 先生 のリーダーシップ のもとに第二内科 および 第二内科 同門会 の皆様が 一層、互いに仲良く助け合い、互いに 支えあって 更なる発展・繁栄 を 築かれますよう 祈念 致します。



 

このたび、大型の競争的研究資金が第二内科 に交付されることが決定しました!

2013年7月25日に 特許公開となった 第二内科の研究(特許公開番号:2013-144656,
高脂肪食への嗜好性を軽減させるための医薬組成物、飲食品組成物または飲食品添加物)
をベースにして 多くの人々のメタボ改善に貢献する新しい食品の研究開発がスタートします!

研究費の名称

JST 研究成果 最適展開支援プログラム A-STEP 産学共同推進ステージ ハイリスク挑戦タイプ

研究課題名

玄米含有 機能成分 を活用した アンチ・メタボリック 発酵食品の研究・商品開発

 

 

退官によせて

38年間の看護師生活を、9西第二内科病棟で締めくくることが出来ました事に大変幸せを感じております。2年間とても中身の濃い充実した日々を過ごさせて戴き感謝の思いでいっぱいです。
医局や同門の先生方、看護師、第二内科病棟の全てのスタッフの皆様には、どんな時も温かく見守って戴きました。私の目指す看護の提供、病棟運営にご協力、ご支援を戴きましたことに心からお礼を申し上げます。
益崎教授のご着任は、私にとって又、病棟にとってとても幸運な事でした。いろいろな問題を一緒に考えて下さり、チーム医療推進に向けて、看護師の教育(特にCDEJの育成)にも多大なお力添えを戴き、本当にありがたく心強い限りでした。毎週の教授回診、毎月の病棟運営ミーティング、多くの研究会、研修会は貴重な学びの場であり、様々なイベントも心に深く残っております。私の一生の宝物です。9西第二内科病棟は、チームワークが良く学び合う風土のある働きやすい職場です。共に病棟運営に携わってきました糸数ちえみ師長にバトンタッチできたことは、幸いでしたしとても嬉しく思います。今後とも9西病棟に温かいご支援を賜りますようお願い申し上げます。
末筆ながら、皆様お一人お一人のお幸せと、第二内科のますますのご発展をお祈り申し上げます。ありがとうございました。

2011年4月3日 多和田 久美子

ページトップ


血液内科再生記念学術講演会

学術講演会のご案内

忘年会

忘年会

平成23年度糖尿病予防キャンペーン

糖尿病予防キャンペーン

戻る>>